淡路島でメバリングしてきました

淡路島でメバリングしてきました 遠征

1月5日から1月7日まで淡路島に行ってきました。
去年から年明けは淡路島に泊まりで釣りすることになってて今年は二泊三日での釣行となりました。

洲本市周辺で釣り

DAY1
昼前に出発して淡路市にあるホテルを目指しつつ東側の漁港でまずはガシリング。
結局釣れずホテルまで釣果なし。

ホテルにチェックインして去年いい思いをした洲本の某エリアへ。
ここで淡路島では穴釣り師になる相方がタケノコメバルを1匹キャッチしました。

その後グーグルマップで調べていた場所へ移動。
ここでテトラと堤防エリアに別れて調査することに。

そこでようやくガシラが1匹釣れ、その後すぐにまた別のカサゴが釣れた。
カサゴ
こいつだけは裏切らない。
カサゴ
フラッシュONにするとやたらと背景が暗くなるけど5分後の画像です。

その後数匹カサゴをキャッチしたのでとりあえず夕食を食べて一旦ホテルへ戻る。

プラグでメバリング

再び洲本まで戻りジップベイツのリッジ35Fでメバリング開始。
とある漁港の船着き場の明暗部にキャストしてリトリーブすると40cmくらいのシーバスが釣れた。
同じ場所で何度かメバルらしきバイトは確認できたけどすべてフッキングには至らず、ここではこのシーバス1匹だけ。

止めて浮かんでくる時にバイトが多かった。
リッジは昔大量に購入したけど購入するリッジの半分くらいがまっすぐ泳がず斜めに泳ぐ。
調整するのもめんどくてそのまま使わずに放置してたけど、今年は積極的に使っていく予定。

次の場所は夕方にカサゴをキャッチしたポイントのテトラ。
ここでメバルやガシラがよく釣れました。

強く吹いていた風も収まってかなり釣りやすく、実際にここでメバルやカサゴがよく釣れました。
日が昇りはじめて朝マズメタイム突入
メバル
入れ食いっていうほどではないけどよく釣れる。
ガシラ

満足したのでホテルへ帰り朝食を食べる。
その後少しだけ仮眠をとった。

島の西側へ行ってみる

DAY2
少しだけ仮眠をとったおかげでスッキリ。
今まで淡路島の西側で釣りをしたことがないので、ちょっと行ってみることに。
ついでに淡路島バーガーを食べるのがこの日の目的だった。

最初に入った漁港でキャストすればフグっぽい魚にワームをすぐに食いちぎられてしまった。
なので流儀に反するがゴミだまりの下や岩の隙間にワームを落としてみるとライターサイズのガシラがポロポロ釣れる。

小さいのばかりで時間がもったいないので移動。
何度か移動をくりかえしアオリイカがよく釣れそうなポイントはたくさん見つけた。

大鳴門橋の方まできたのでここから洲本のほうへ戻ることにした。

朝釣れたポイントでそこそこ釣れた

朝かなりの数が釣れたテトラへ移動する。
朝はガシラとメバルパラダイスだったが、夕方のこの時間はベラパラダイスへと変わっていた。
ベラ
種類が違うのか色々な配色のベラが釣れた。
ただ口が小さい為ワームだけ食ってフックは小さいものを使わないとフッキングできなかった。

暗くなりまたガシラが釣れるようになったがあまり寝てなかったので夕食を食べて今日は早めにホテルで寝ることに。

最終日は雨スタート

夜中の2時に目が覚めたので釣りに行こうと思ったけど酒を飲んでいたので止めて朝までまた寝ることに。
DAY3
朝起きると雨が降ってた。

チェックアウトを済ませてまた昨日の夕方に釣りをした堤防とテトラの場所へ。
ここは目の前がホテルになっており、露天風呂から海が一望できる。
逆に堤防から露天風呂が丸見えで、おっさんのチンポ丸見え状態だった。
ついでに女湯の方も丸見えなので興味がある方は望遠レンズを持参してみると良いかもしれない。

釣りを開始して2時間くらい。
テトラでずっと釣りをしていた私は15回くらいバイトがあったのだが全部バラして0キャッチ
相方はベラとガシラを1匹づつキャッチ。
これまでと違いかなり反応がない。

よくよく考えたらフックの小さいジグヘッドが全てなくなり昨日寄った釣具屋で購入したジグヘッドのフックはちょっと大きかった為、バイトがあってもちゃんとフックを食ってくれない。
そう思ってお昼を食べるついでに釣具屋でジグヘッドを買いに行った。

ポイントに戻ると雨は完全に止んだが今度は風が強く吹いていた。
結局テトラではメバル2匹とカサゴ1匹キャッチ。
画像は取り忘れたがかなり大きいカサゴだった。
メバル
釣りにならないため、堤防の風浦のほうで釣りを行うことに。

こっちでガシラ10匹くらい釣って更に風が強くなったので辞めることに。

最後に洲本の某漁港でちょっとだけ釣りして帰ることに。

今年もよく釣れたのでかなり楽しめた。