ガシリングするとメバルが釣れる

ガシリングするとメバルが釣れる ガシラ

ガシラの反応が悪い

この季節はだいたいメバリングするんだけど去年辺りからガシラとかタケノコメバル狙うようになってメバルよりも簡単に釣れるんで一時期ハマってました。
ってことで今日はガシラ狙いで南の方へ走ってきました。

前前回ガシラが入れ食いだったポイントへ到着。
ヘッドライトの電池を交換したおかげで光量が10倍くらいになりテトラの上も全然怖くなくなりましたw

タックルはベイト持ってこようか考えたけど前前回と同じタックルでいいや!と思いアジングロッドにスピニング&1.5gのジグヘッドでワームはかばんに入れっぱなしだったメバル職人とかメバダート。
基本的にどこでも入手可能なエコギアワーム愛用してます。
ホッグ系のほうが良いんだろうけど前もこれで釣れたので。

熟成アクアシリーズは取り出す時に手が汚れるので使うことは無いです。
ただ熟成アクアのほうがに魚の反応は良い気がしますが、ガシラなんて居ればなんだって食うだろ!って思ってるので今日まで必要性を感じていませんでした。

この日の潮位はこんな感じ。
2019-12-24 潮見表

まあまあ強めの風が右から左に吹いていたので少しやりづらさを感じながらも到着して10分くらいで2バイト1キャッチ。
前前回は1キャスト1ヒットだったのに比べるとガシラの反応が悪い。

その後30分数メートルずつ移動しながら続けてみたけどアタリすらなくなってしまいました。

ワームを変え、重さを変え色々やってみたけど反応がないので近くの漁港へ移動することに。

生命感がない

前前回アジが1匹だけ釣れた漁港へやってきました。
到着すると先行者がいたので少し離れた場所で釣り再開。

干潮だったので水深が浅く常夜灯に照らされた海面をみると底が見えとる。
1時間位粘りましたが魚の姿を見ることすらなく、この場所を見切りました。

ネットではガシラとかタケノコメバルとかアジとかメバルが釣れてるみたいだったのですが入るポイントが違っていたのか生命感ゼロ。
気がつけば先行者もいなくなってました。

結局ここは見切り先程の場所へ戻ることに…

メバルが釣れた

無駄に移動したせいで気がつけばすでに1時を過ぎてしまった。
4時頃ここを出なければ朝の渋滞に巻き込まれてしまうので残り3時間。
5匹くらいは釣りたいなぁと思い、先程のポイントよりも更に奥の方へ進んで釣り再開。

相変わらずガシラの反応は悪く全然当たらないけど風はさっきよりマシになっていたのでしっかりボトムをアソコに感じながらシコシコロッドを動かしながらスローに巻いているとようやく釣れました。
ガシラ

その後もプチ移動を繰り返しながら30分に1回くらいのアタリをあわせて数匹のガシラをキャッチできました。

一番デカかったガシラはラインを持って口に手を入れようとした時にポロッとフックが外れて海に落ちていきました。
ほかは全部上の画像くらいの小さいガシラばかり。

3路を過ぎて後1時間くらいになったところで、メバルもつれました。
キャストしてボトムについて巻いてたら根がかりしてしまい、外した瞬間に食ってたのか、食ってすぐ根に潜っていたのかわかりませんが、とにかく根がかりを外した瞬間に生命反応がありビクンッ!ビクンッ!と感じてフッキング後にゴリ巻きしてキャッチ成功。

メバル

前回釣れたロリメバルよりかはサイズアップしましたがまだまだ小さいメバルでした。
メバリングすると釣れないくせにガシリングするとメバルが釣れる理不尽さ

その後4時まで続けましたが小さいガシラがまた釣れただけでキジハタみたいな高級魚が釣れることはありませんでしたw
ロックフィッシュ狙いでやってるとそういうシークレットレア的なおまけがついてくるのが楽しみの一つ。
今回は釣れませんでしたが、いつかガシラ狙いでキジハタ釣ってみたいです。

多分今年は後1回くらい。多分金曜日くらいにいって終わりかな。