チニング用にハンドメイドルアーを制作していく【成形編】

チニング用にハンドメイドルアーを制作していく【成形編】 ハンドメイド

前回に続きチヌ・キビレ用にハンドメイドルアーを制作していきます。
材木にルアーの輪郭を書いたところで終わったと思いますので続きから。

前回の記事はこちら

チニング用にハンドメイドルアーを制作していく【準備編】

チニング用にハンドメイドルアーを制作していく【準備編】

2019年5月17日

木材を切っていく

木材に輪郭を書く
前回木材にデザインした紙をあてて輪郭を描くところで終わってしまいましたが、今日はこれをルアーの形にしていきたいと思います。

とりあえずこのままじゃ切れないのでのこぎりでカットしました。
木材をのこぎりでカットした
夜中に近所迷惑だと思いましたが、上の住人は頭のおかしな奴でいつもドタバタやってるのでこっちもギコギコやってやりました。

カッターで形を整える
カッターで輪郭に沿って適当に切っていきます。
あとで形を整えるので大雑把にいきます。

木材を両面テープで張り合わせる
適当に形を整えたら両面テープで張り合わせます。
電動ノコギリや木材が柔らかければ輪郭に沿ってキレイにカット出来るのでカッターで輪郭に沿って適当に切る前に両面テープで張り合わせたのですが、電ノコが家にないのでこの手順でやってます。

チョットハンドメイドルアー作ってみようかな。と思っている方は私のサイトを見ても参考にはならないと思います。

カッターナイフで形を整える
カッターナイフを使って形を整えていきます。
チョットずつカットしていくと時間がかかるのと凸凹になるので思い切ってざっくり行ったほうがうまくいくこともあります。

あとでヤスリをかけて調整するので適当でいいです。

上から見た輪郭を書く
上から見た輪郭を適当に書いていきます。
売るためではなく自分が使う用な上に、何個も作るわけではないので適当で。

カッターで木材を整える
大体の形ができました。
元々のデザインとは大きく変わってしまいましたが削りすぎてしまったものは仕方ありません。
この時点で、あることに気が付きました。

元々の案は
A案
こうする予定でしたがこの形を見ていると
B案
こっちのほうが良いような気がしてきました。

後者の方はピラルクーぽいみたい目が気に入ったので当初のデザインは破棄してこちらに変更したいと思います。
実際動かしてみてダメだった場合フックの位置を変更すればいいだけですしね。

ただピラルクーのウロコ模様は面倒なのでチョット考えたいと思います。

このあとヤスリでもシコシコしていこうと思ったのですが、購入した紙ヤスリがどこか行ってしまいました。
もしかしたらゴミと一緒に捨ててしまったかもしれないです。

またヤスリが出来てたら再開しますが、出てこなかったらまたコーナンまで行ってきます。
次はヤスリがけして、ルアーの顔を堀り、内部にワイヤーと重りを入れるくらいまでは進めたいと思います。