キビレポイント新規開拓

キビレポイント新規開拓 キビレ

以前キビレのポイントを新規開拓した時にトップで3枚キャッチできたので今回もキビレポイントを新規開拓してきました。
といっても大阪湾周辺のポイントは開拓され尽くしてるのでネットで調べれば大体出てきますね。

最近はグーグルマップでここ良さそうやな。ってところにピン立てまくってます。

とりあえずボトムやってみた

このポイントは冬にガシラとかタケノコメバルがよく釣れる場所のすぐ近く。
釣り禁止エリアのギリギリのステージ。
と言えば頭文字Dで使用されたGamble Rumbleです。


このグラサンのmotsuはアニメ妖怪ウォッチでゲラゲラポーのうたのラップを担当しているので今のちびっこにも聴かせてあげたいですね。

話が逸れましたが去年の冬はキビレとかやらなかったので気にも留めない場所。

とりあえず反応があれば良いな。と思ってボトムをやってみることに。
トップしか持ってきてなかったけどたまたま車の中にだいぶ前に使ったチャンクローとフックとシンカー1個ずつが転がってたのでそれ使ってみました。

到着して3キャストですぐに反応がありフッキングしたら
キビレ
あっけなくキビレが釣れてしまい新規開拓成功しました。
花京院あっけなさすぎる
大体キビレはあっけなく釣れることが多いです。

ワイの場合、釣れる時は1~3投目くらいで釣れるので基本ランガンスタイルです。

その後トップで30分くらいやりましたが反応がないのでラーメン食べにいきました。
この場所は明るい時間帯にまた来ようと思います。

腹痛に襲われる

食事を終えて次のポイントに向かいました。
車を止めて早速タックルを持って歩いてポイントに向かうのですが、だんだんお腹が痛くなってきました。
ポイントに到着した頃には禍々しい塊が肛門を何度も激しくノックしてくるので2投くらいしてすぐに来る途中にあった公衆便所に駆け込みました。

なんとか間に合いましたがこの時ヘッドライトを車に置き忘れて来たことに気づき車へ戻りそのまま移動することにw
磁場が悪いのかこのポイントは体質に合ってない気がします。

ルアーをボコボコにする

前回最初に訪れたポイントに移動してみることに。
今日はリア充達が花火してましたが気にせず釣り開始。

ランガンしながら人気のない真っ暗な場所でベイトが群れてる場所を発見しました。
ハクかな?と思ってよーく観察してみると虫っぽい感じ。
大量に泳いでるので気持ち悪かったけど、その群れの中でたまにチュポ!って吸い込むような捕食音がたまに聞こえてくるのでとりあえずキャスト。

色んな所でチュポチュポやってるのでとりあえず闇雲にキャストしてみました。
明かりがまったくないのでどこまでルアーが飛んでるのかもわからず壁にルアーを当てまくってしまいまだ1匹しか釣ってない水砲なのにすでにボコボコになってしまいました。
水砲

なんかトンネルみたいになってるところで1回出たような気がします。
音だけなので確実ではないですが、奥の方にキャストして着水後のワンアクションで結構勢いよく出たけど乗りませんでした。
気のせいやろ!と言われればそうかも知れません。

で、このポイントでの釣果は0です。
ベイトが多すぎるのか、それともチュポチュポやってるのはキビレとかチヌじゃないのか、とにかく釣れる気がしないので移動することに。

帰り際にまだ花火やってた。
火花みて何が楽しいんかわからんけど芦屋は夜9時から条例で花火禁止やぞ!

淀川で人影にビビる

淀川には夜中の1時頃に到着しました。
今日の潮はこんな感じでした。
2019-08-06潮見表

川沿いをランガンしながらキャスト。目指すは最奥の前回釣れたポイント。
月が出てないのでとにかく橋脚の明かりを求めて歩いていると急に目の前に人影が現れて声をかけられてびっくりました。
暗くて顔が確認できませんでしたが、近づいてみると前回お会いした白髪紳士でしたww

また会いそうな気がしていたけどこんな時間に会うとはおもいませんでした。
今日はトップではなくボトムやってるみたいですが、全然釣れないとのこと。

投げてるの見せてもらうと、ワームではなく自作のルアーでした。
シンカーの代わりにネジ3本つけてフックに自作のルアーつけて投げてたので、フライやってる人はこんなものまで作るのか!と正直ビビりました。
恐るべし元フライマン!
このスタイルで是非1枚釣ってほしいところです。

しばらく話をしてから別れを告げて例のポイントへ急ぎました。

到着するとやはり他の場所と比べてちょっとだけ明るい。と言ってもほぼ闇。
どこに着水してるかすら見えません。
明るくなるまでトップで釣れる気がしないので、時間をつぶすために駄目だと思うけど粘ってみましたがやっぱり駄目でしたw

前回は4時10分くらいに釣れたのでまたそれくらいの時間に戻ってこようと再びランガンすることに。

もと来た道を引き返してるとまた人の気配。
よーくみると人がいましたw
なにか声が聞こえたけど聞き取れなかったので無視してしまいました。
ペコッっと会釈だけしたの気づいてもらえたでしょうか?

立ち込んで釣りを始めたので邪魔しないように再び移動。
その後また人の声が!
今度はこんばんわー!とはっきり聞き取れたので今度はきっちり挨拶を返しました。

高校生の時から釣りしてるけど1日で2人以上に挨拶されたのは初ですわw

淀川でDETA!!

淀川に到着して休憩無しで4時間キャストし続けて疲れました。
ようやく明るくなり始めてきたので先程の場所に戻りたかったけど人がいたし、戻って入れてたらしんどいだけなので戻るのはやめました。

いつもボトムやってるところでひたすらトップ投げてるとようやく出ました!
ルアーの後ろで3回位バイトしてくるのが見えたけどフックにはかからず。

久しぶりに魚の反応があったので『出た!出た!』と声も出た!

その後もそれぞれ別の場所で3回出ましたが重みを感じることなく終わりました。
5時から~5時半ごろに集中して反応がありました。

6時になり足も腰も腕も指も痛くなってきたので終了。

やっぱりトップは明るい時間のほうが反応がいい気がします。

釣りをやめようと思ってた時に足元をみると結構若そうなハトが水に浸かって震えてた。
お前こんなところでなにしとんねん!と思いながら陸に上げてあげました。

この時かなり水が引いていたけどこれから上がってくるので、とりあえず満潮になっっても大丈夫な位置に置いてきました。
体乾くまで飛べないと思うし、弱ってそうなのでどうなるかわからんけど、生きてくれよ。

うちには猫がおるから釣れて帰られへんのや。
すまんな。

ナイトチヌトップの反省

今回は駄目でしたが前回ギリギリ暗い時間帯で釣れたので夜でも反応するキビレはいると思う。
ただ、考えられる釣れない理由は

  • 気づいてない(アピールが足りない)
  • 届いてない(沖にいる)
  • 夜は上を意識してる個体が少ない

のどれかだと思う。

ボトムで使用するワームはチャンクローやリトルスパイダーのような波動が強いものや、ガルプのサンドワームのような強烈な匂いでアピールするするものは釣れる。
水面が波打ってるのに水面をチョロチョロ動かしてても気がついてないのかもしれないです。
もっと水を押してラトル入の音でもアピール出来るものがいいかもしれない。

あとボトムやってる時食ってくるのはいつも沖でした。
手前でも釣れることがありましたが基本ロングキャスト出来る方が有利であることは間違いない。

ってことで一般的なチニング用に開発されたルアーではなく、トップバトラー界隈の方たちが使用してるような大きめで波動が強そうな飛ぶルアー買いますw

夜は表層を意識しないならナイトチヌトップやる意味ないからその時はもうボトム人間に戻りたいと思います。