流れが無いと釣れる気がしない

タイドグラフ キビレ

世間はコロナウイルスの話題で話題でもちきりですが皆さんフィッシングショー2020にはいかれますか?
今年は新型コロナの件があるためパスすることにしました。

誰が触ったかもわからないリールやロッドを触るわけにはいきませんからねっぇ

本日はノーフィッシュでございます

サムネイルが魚の画像出ない時点で察していただけるかと思いますが、今回はノーバイトノーフィッシュでございました。

ブログを読む限り最後にボウズだったのは11月なので久しぶりですw

今日は21時頃から釣り開始したのですが下痢の時合が思ったよりも早くやってきてコンビニに駆け込んだり食事をしたりで気がつけば潮が止まっておりました。
2020-02-04-05タイドグラフ
放水量
流れはほぼ無く、7gシンカーだと全く転がっていかない。

それでもとりあえず投げてみたのですが反応ありませんでした。

寒いのでちょっと休憩してたら潮が動いている時間ずっと休憩してましたw
車をでるとすでに3路を過ぎていてまた潮が止まっていました。

おまけに渡り鳥がそこら中にいて、近づくと水面をバチャバチャやって逃げていくのでキビレに余計な警戒心を与えてるような気がします。

あまりにも何もなさすぎて左手で投げる練習をはじめてみたり、渡り鳥の鳴き声が何パターンあるのか?どういう意味があるのかなどを考えて5時半頃まで釣りしてました。

潮目もなにもない穏やかな淀川の川の流れを眺めながら寒い中釣りしていたのでブログ書く気力も残ってません。

そろそろ外で働こうと考えているのでもしかしたら来週は釣りいかないかもしれません。
外で働くようになったら自営業は片手間でやることになるので釣りに行く曜日や回数が変わるかもしれません。