ブログを開始してみた

ミシシッピ仙波 雑記

学生の頃から釣りに関わる仕事がしたいと思っていましたが、気がつけば釣りとは関係のない職種で就職して気がつけば30代半ば。
一昨年に勤めていた会社を辞めて時間ができたので友人と沖縄旅行に。
そこで初心者が応募するような筏釣りを体験しやっぱり釣りが好きなんだなぁと染み染みと実感することに。

ちなみに釣りの楽しさを思い出させてくれた沖縄の魚がこいつです。
ルアーではなく残飯みたいな冷凍エビを渡されてそれで釣れました。
ホシミゾイサキ
ホシミゾイサキと言うそうで、沖縄の方言でガクガクだったと思います。

大阪に帰ってからは昔のようにバス釣りを楽しむようになりましたが、一緒に行った友人も釣りにハマったようでバス以外の魚種にも挑戦してみることになりました。
昔からバス釣りというよりルアーフィッシングが好きだったのでルアーで釣れる魚種なら何でも良かった。

ネットで調べていると近所を流れる淀川がチヌがよく釣れるということで、早速手持ちのタックルで釣りに行くも見事にノーフィッシュ。
その後チヌのことなど忘れタチウオシーズンとなり、やがてメバリング・ガシリングを行うようになりました。

タチウオは3mおきに堤防にならぶ浮きの隙間を縫ってルアーを投げるも潮によって隣の浮きが流れてくる状況にうんざりし、メバルやガシラは全然引かず物足りない。

他になにかいねーかな?とYouTubeで色々な釣りを観ていると淀川でキビレという魚を釣られている動画を見つけました。
チヌによく似たキビレという魚はシルバーの魚体でかっこいいと思った。

キビレなら私の欲求を満たしてくれるかもしれない。

それがこのブログを開始したきっかけです。

ちなみに今この記事を書いている現在、キビレはおろかチヌすら1匹も釣ったことがないです。

そんな初心者の私がキビレハンターとしてのレベルをどこまで上げることができるかを綴る冒険の書です。