南港海釣り公園が復活したので久々に行ってみた

南港海釣り公園 サビキ

復活した南港海釣り公園へ行ってきた

無性にアジの刺身が食べたい。ということでアジを釣りに南港海釣り公園へ行くことにしました。
正式名称は大阪南港魚釣り園護岸と言うそうですが、去年の大型台風で崩壊してからずっと休園が続いていました。

インスタでちょくちょく復旧の様子を確認していたのですが少し前に復活したのでちょうどよかったです。
今日も出発前にインスタを確認してみると全然釣れてないとのこと。

釣れて無くても2~3匹くらいは釣れるだろう。と思ってサビキセットと飽きた時用にいつものチニングタックルを持って出発。
到着すると6時過ぎ。
前日は全然人が居なかったみたいだけど、この日はそこそこ人がいました。

餌のアミエビを売店で購入して左側の奥の方でやることに。

アタリがない時間が続く

6時過ぎから9時半ごろまでやってみたけど1匹も釣れません。
ただ海にアミエビ捨ててるだけ。
魚影どころか生命反応すらありません。

他の釣り人も誰一人として釣れてない状態で諦めて徐々に帰っていきます。

南芦屋浜の沖の方ではアジが釣れてるみたいだけど南港海釣り公園にはまだきてないみたいです。
居ないのに狙っても仕方ないので諦めて違う魚を狙うことに。

生物兵器投入

売店まで戻り青虫を購入して、足元の護岸沿いにいついているメバルや根魚を狙うことに。
ジグヘッドに青虫をつけて落とすだけ。

開始10分ですぐにアタリがありました。
やっときたアタリに焦ってフッキングしたせいか針にはかからず。

今日はじめての生命反応にヤル気ゲージが少し回復。

その30分後くらいにまたアタリがありました。
今度はうまくフッキングも決まりやり取りしてたら護岸の下に潜られたのが根掛かりっぽくなってしまいました。
沖縄の記憶が蘇りました。
20秒位すると出てきましたが巻いているとまた根に潜ったのかまた根掛かりっぽくなり外れたと思ったら魚はもういませんでした。

手応え的には20cm以上のメバルのような気がしました。

ドラグあまり締めてなかったのもありますが、もっと強引に巻けばよかったです。

ようやく釣れる

バラしてから多分そんなに時間が立ってないと思うけどまたアタリがありました。
今度はしっかり重さを感じてからフッキングすると同時に超高速リトリーブでごぼう抜きしてカサゴゲット!
カサゴ
小さすぎてなんとも言えない気持ちに・・・
写真撮ってすぐリリースしました。

ここから続くかなと思いましたが1時間近く粘るもアタリが完全になくなり沈黙。

もう帰ろうかなと思って青虫つけて落としておいたサビキ用のロッドを片付けようとリールを巻いていると針にゴミのような物が付いてるのでアレ?と思ってよく見てみると
アカオビシマハゼ
ハゼがついてました。
家に帰ってネットで調べてみるとアカオビシマハゼのような気もしますかシモフリシマハゼかもしれません。
もっとよく観察しとけばよかったです。

11時40分ごろに釣りを終了して帰ることに。
南港海釣り公園は本来もっと釣れる場所なのですが、今全然連れてないそうです。
売店で聞いた話ではGW頃から1000人以上が訪れているそうですが全体で50匹程度しかアジが釣れてないそうです。

今日は潮も良くなかったのもありますがまだアジが回ってきていないので訪れるのであれば後1ヶ月位は待ったほうが良いかもしれません。

キビレハンターという名前のブログなのにキビレのこと全く書いてない。
火曜日の夜に多分淀川行くと思います。