スーパートリックスターネットのプレゼントが届いた!

スーパートリックスターのプレゼントが届いた! タックル

スーパートリックスターネットーのプレゼント

誕生日プレゼントということでジャクソンのスーパートリックスターネットというランディングネットをもらいました。
ダンボール箱

琵琶湖の天才釣り師マスゲンが使っていたので、俺もこれほしいなぁと釣り友の前でボソッと言ってたら覚えていてくれたらしくプレゼントしてくれました。
毎年なにかプレゼントしてくれるけど、今年のが一番うれしいかもしれない(笑)

淀川のチニングではランディング時にネット使ってる人が多くて俺もほしいなぁと思ってたから本当にありがたいです。
この間まぐれで釣れたキビレは40cmくらいだったけどごぼう抜きしてヒヤヒヤした。

早速中をあけてみると
スーパートリックスターのプレゼントが届いた!
色はブルーでした。
しかもジョイントとかランガンマグネットまでつけてくれてて感動。

サンキューやで!

スーパートリックスターネットが伸びない

早速ジョイント装着してランガンマグネット装着していざ伸ばそうと思っても伸びない。

ファッ!?何やこれ?

シュッ!ってやってみんな伸ばしてるけどなんで伸びないんだよ!どっかにボタンでもあるのか?と思って色々探してみたけどない。

どうなってんねん!と思ってネットでググってみるとネジ穴のあるスポンジ部分が硬すぎてうまく出てこないみたい。
指でモミモミして徐々に引き抜くことを試みて5分位かけてようやく外れた。

奥まで入れるとまた取れなくなってしまうので、ネットでペンチによる強引な揉みほぐしを行っている方を見つけたのでこれで柔らかくしてなんとか伸縮できるようになりました。
スーパートリックスターネット使ってる方ってみんなこんなものなのですかね?

私と同じくスーパートリックスターネットの柄の部分が伸びないぞ!という方は先端のスポンジ部分をもみながら少しずつ上に押し上げて頑張って外してみてください。

スーパートリックスターネットの詳細

せっかくなのでスーパートリックスターネットの詳細などを書いておきます。
発売されたのは数年前なのでもう持ってる方も多いと思いますが、トリックスターネットの改良版がスーパートリックスターネットですね。

カラー

スーパートリックスターネットのカラーですが、公式の情報では

  • パープル
  • ブルー
  • ゴールド

の3色なのですが、これ以外にも限定色があるようです。

オリジナルの限定販売されたマスゲンモデルというものがあり、カラーは赤となってます。
ほしい方はヤフオクとかフリマで探せば購入出来るかもしれませんね。
スーパートリックスターネットマスゲンモデル
あとは有頂天ブラックやガンメタという中二心をくすぐるようなカラーもあるみたいです。

サイズ(長さ)

サイズは3種類用意されてるみたいです。

  • スーパートリックスターネット180
  • スーパートリックスターネット280
  • スーパートリックスターネット380

数字は長さを表しています。
プレゼントしてくれたスーパートリックスターネット380なら3m80cmということになりますね。
ちょっと長いかなぁと思ったけど干潮の時や淀川以外の釣り場でも使用できることを考えると380で良かったと思います。
大は小を兼ねるって言いますしね!

重さ

同じポイントでずーっとやってるなら特に気にしなくても良いのですがランガンするなら重さは気になります。

  • 180が218g
  • 280が378g
  • 380が581g

となっているみたいで、380を持ってみた感じは少し重い印象でした。
大は小を兼ねるとか書きましたが、重さに関しては兼ねませんでした。

フレームサイズ

フレームサイズは36×30cmがデフォルトとなっているみたいですが、大物に対応したモンスターフレームというものが別売りで用意されています。
こちらのモンスターフレームは48×40cmとなっていますので、巨チヌでも余裕で入りますね!

カスタムパーツ

持ち運びを便利にするジョイントや移動時にカバンやズボンにカラビナで取り付けられるランガンマグネットなどが発売されています。
マグネットは非常に強力で金玉の皮を挟むと激痛待ったなしです!

その他に公式ではありませんがパーツが色々あるみたいなので探してみるのも面白いかもしれませんね。

スーパートリックスターネットの評判

スーパートリックスターネットの評判ですがかなりいいみたいですよ。
シャフト部分が非常に丈夫なのでしならない為、折れる心配もないし長く使えるみたいです。